ゴルフボールの選び方

とにかく飛距離が欲しい、あるいはスピンの効くゴルフボールが欲しいなど。ゴルフボールの性能はもちろん、その価格や年齢・性別からも考えるゴルフボールに選び方をについて掲載しています。

ゴルフボールの選び方とトレンド

スコアアップの為に、ゴルフボールに気を使っている方も多いと思います。しかし、去年まで愛用していたゴールフボールが、わずか1年後には生産中止になっているということが、最近増えてきました。何故そのような激しい意入れ替わりが発生したのか、その理由は、コアとカバーから形成され、割れ耐久性があがり、飛びの性能と打撃時のフィーリングの良さを両立させた、ソリッドコアのゴルフボールが一般的で人気になったことです。この、ソリッドコアのゴルフボールが、従来よく使われていた糸巻きボールを市場から追い出す形となり、また、それに伴った技術革新も進み、その成果の結果生まれたゴルフボールが、この数年の間に次々とゴルフ市場に現れた事によるものです。そして、そのような激しい変化は現在も続いており、毎年たくさんのゴルフボールが生まれ、そしてたくさんのゴルフボールが誕生する状況となっています。
このような現状ですので、ゴルフボールの選び方について迷いが生じている方、どのゴルフボールを使ったら良いのかわからなくてなってしまった方も多いかと思います。また、ゴルフボールの種類だけでなく、値段の幅も大きく、1ダースで7000円以上もするようなものから、激安の1000円程度のボールまであり、さらにゴルフボールの選び方を難しくしています。

ゴルフボールの選び方として、コアのコンプレッションが低いボールに着目。

ゴルフ上級者であれば、マルチレイヤー・ソリッドコア (MLSC) のゴルフボールが見逃せませんね。このようなゴルフボールの技術革新により、比較的低価格なツーピースタイプのゴルフボールに大きな変化をもたらしました。た。あなたは、実はここ最近、この低価格なツーピースのゴルフボールのコアの材質と、コンプレッションが変化しているのです。ここ最近のゴルフボールのトレンドは、コアのコンプレッションが低いゴルフボールとなり、コンプレッションが70程度のゴルフボールがかなり増えています。ほんの数年前まで、90~100の高コンプレッションボールが主流でしたので、ずいぶんとゴルフボールをとりまく環境が変化しました。

スピンショット感覚重視なら、ウレタンカバーのツーピースボール。価格も手頃。

スピンやショットの感覚を追求するなら、ウレタンカバーのツーピースボールが良いでしょう。価格はは3000円程度と、激安ではありませんが手頃です。ウレタンカバーだけでソフトな打感を生み出す為に、飛距離は多少犠牲となり、耐久性にも多少劣りますが、そこそこの性能を発揮するでしょう。ただ、やはり飛距離は捨てがたいということであれば、多少飛距離側に性能を振り、ショト感を少し犠牲にした、ソフトサーリン・アイオノマーのカバーのゴルフボールも存在します。ゴルフボールの選び方として、そのようなボールも視野に入れておくと良いでしょう。

飛距離で考えるゴルフボールの選び方、高コンプレッションで。

ツーピースボールには、とにかく飛距離を重視した、コンプレッションが100というボールもあり、飛距離をもとめるゴルファーから根強い人気です。ゴルフをやるうえで「飛ばし」にこだわる方は大変多いですから、ゴルフボールの選び方として、飛距離に着目した選び方も当然アリでしょう。

ミスを減らす高価なマルチレイヤー・ソリッドコアという選択

高価なマルチレイヤー・ソリッドコア (MLSC)ですが、4000円程度で購入できるものもあります。もちろん、最高級のMLSCち比べれば、多少の打感への妥協だったり、飛距離がいまいちであるかもしれませんが、さほど大きな差とはならないと思いますので、ゴルフボールの選び方として、このような格安のマルチレイヤー・ソリッドコアボールを選ぶのも良いでしょう。MLSCのゴルフボールは、スイング時に芯をはずしても、ロスする度合いが低いという利点もあります。

女性やシニア層向けのゴルフボール

ツーピースボールには、成人男性と比べると、どうしてもゴルフクラブのヘッドスピード遅い女性や、ご年配のシニアプレイヤー用のツーピースボールも用意されています。こういったボールはコンプレッションの低く、打ったときにボールが上に上がりやすいディンプルパターンとなっています。こういったボールは、そのソフトなショット感を評価する上級者にも使う者が多く、実はよく売れています。上級者からこのように評価を受けることにより、に女性用のPrecepのゴルフボール「 MC Lady」 が女性以外から好んで使われている時期がありました。

ディンプルに着目するゴルフボールの選び方

ディンプルの数もゴルフボールの選び方にかかわってきます、通常は300-500程度が望ましいとされいますが、最近のゴルフボールのオトレンドは、「ディンプル浅め」です。ディンプルを浅めとし数を多めにすると、放たれたボールは高く上がりますので、飛ばし屋・ハードヒッター用であれな、ディンプルは少なくするのがよいでしょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-