朝バナナダイエットのやり方

朝ごはんをバナナにするだけでやせる!そんな朝バナナダイエットが人気です。ここではそんなダイエットのやり方・方法を説明し、同時に何故やせるのかという疑問にも答えていきます。成功するコツ、失敗の理由など、正しく実行して綺麗にやせましょう。

朝バナナダイエットとは?その効果は?

朝バナナダイエットをご存知ですか?簡単で楽、そして効果もあるということで、mixiなどのSNSにおいて口コミでひろがっていたお手軽ダイエット方法です。最近ではおなじみの「おもいっきりイイ!!テレビ」で取り上げられて、さらにその知名度があがり、さらにはTBSの「ドリームプレス社」で、森公美子さんが結果を出したことが話題になり、その人気を決定付けました。朝バナナダイエットのやり方はいたって簡単です。「朝にバナナだけをお腹いっぱいに食べて、水を飲む」というダイエット方法です。別に1日中バナナだけですごすわけではありません、朝ごはんをバナナだけにして、昼と夜は普通に食べて良いのです。「え、それだけ?」と、疑問の声があがるかもしれません。しかし、これだけで効果のあるダイエットだからこそ、口コミで人気となっているのです。

なぜ朝バナナダイエットでやせれるのか、その効果の理由。

バナナでダイエットできる理由ですが、「おもいっきりテレビ」「ドリームプレス社」でも説明されていたとおり、それはバナナの含む「酵素」にあります。バナナには、脂肪を分解するための酵素がたくさん含まれているのです。ただし、この脂肪を分解する酵素は、温度が43度以上になると壊れてしまいますから、必ず生のバナナを食べるようにして下さい。熱が加えられている加工食品ではダメです。生のバナナが脂肪分解の効果を発揮します。
また、バナナ「だけ」食べるというのもミソです。午前中という時間帯は、前の日の晩にべたものをまだ消化している、消化のサイクルの時間にあたります。ですので、バナナのみという単一の食品を食べるのが、内臓への負担も少なく、消化吸収が良くて効果を発揮するのです。

ついでに便秘も解消?

バナナは食物繊維をたくさん含んでいますので、朝バナナダイエットを続けているうちに、便秘が治ったり、お肌の調子がよくなったりと、嬉しい副作用もあるかもしれません。

マラソンランナーに見る果糖の脂肪燃焼促進効果、果糖と白糖とは違う。

酵素の他に、「果糖」がこのダイエットのキーワードです。バナナの糖分は果糖です。よく果物をたくさん食べるというと、果糖で太ることを気にする方がいますが、果糖は代謝があがり、脂肪燃焼の促進に効果的です。例えば、エネルゲンというスポーツドリンクがあります。ポカリスウェットやアクエリアスに比べると普通の方にはなじみが少ないですが、マラソンやジョギングをやっている方には、水分補給ドリンクとして大変人気があります。何故ならエネルゲンの糖分は果糖であり、体内のグリコーゲンが切れてしまった時、エネルゲンの果糖が、脂肪燃焼を促進し、エネルギー不足を防いでくれるからです。また、市民マラソンの給水・補給食コーナーには、バナナやオレンジを置いてあるマラソン大会が大変多いです。これは、果糖は脂肪燃焼の促進に効果があるということの証拠のひとつと言えるでしょう。
肥満を気にするのは果糖ではなくて白糖です。白糖と果糖は全く違うものであると覚えておきましょう。

朝バナナダイエットのやり方・方法

朝バナナダイエットのやり方・方法はについて、もう少し詳しくその方法を書いておきたいと思います。

朝食にバナナをゆっくりとよく噛んで食べます

バナナに本数の制限はありません、好きなだけ食べても結構ですよ。

飲み物は常温の水

朝にバナナを食べたあとは、冷やしたりしていない、常温の水を無理のないぐらいの量を飲んで下さい。コップ1杯程度でよいでしょう。朝食後、15分から30分程度経過したら、水以外のものを飲んでもOKです。

朝バナナダイエットなら、おやつも食べてOK!

朝バナナダイエッではおやつを食べても問題なしです、嬉しいですねー。おやつのおすすめは、チョコレートや和菓子です。ただし、アイスクリームなど、体を冷やすものは避けましょう。

夕食後に小腹が空いたら、果物を単品で。

夕食が終わったら練るまで何も食べない方が良いのですが、我慢できない場合は、スナック菓子などは避けて、果物を単品で食べましょう。何種類ものフルーツを食べるのは避け、バナナならバナナのみを食べてください。バナナ以外の果物でも大丈夫です。単品で食べて、できるだけ内臓に負担をかけないのがミソです。朝のバナナと同じく、しっかりと何回も噛んでください。

運動は不要ですが、やったほうが良い。

朝バナナダイエットでは運動の必要はありません。ただ、程よく筋肉をつけて綺麗な体型を作りたいとか、リバウンドしにくい体を作るために、運動できるなら運動した方が良いでしょう。ただやせれば良いよいうダイエットであれば、その必要はありません。運動する場合でも、軽いダンベルトレーニングやウォーキングなど、それほど負荷をかけなくても良いでしょう。

晩ご飯は夜8時までに食べ、24時前に寝る。

表題のとおりなんですが、規則正しい生活を心がけ、要は寝る4時間前までにはご飯を終わらせてくださいということです。

朝バナナダイエットの失敗と成功の口コミ例

朝バナナダイエットは大変楽なダイエット方法で、今までの説明のとおりのやり方に従えば、失敗する要素はないように見えます。ただ、その効果は決して劇的なものではありません。森公美子さんはいきなり7キロも痩せましたが、彼女の場合は元々の体重が多いことを忘れないで下さい。
朝バナナダイエットの成功例や失敗例の口コミ情報を探してみると、成功例としては「ゆっくりと効果がでているみたい」「3ヶ月で3キロやせました」といった成功の口コミや、「全然効いてるような気がしない」「いつまでたってもダイエットの効果がでないのでやめた」といった失敗の口コミ情報も見受けられます。
朝バナナダイエットを成功させる秘訣は、決してあせらないことです。1ヶ月に5キロも落とすような過激なダイエットではありませんので、あまりあせらずに長く続けていきましょう。もちろん、運動する王道のダイエットっと組み合わせれば、脂肪燃焼にさらに拍車がかかるでしょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-