オリーブオイル洗顔

お金をかけず美肌になれるのがオリーブオイル洗顔・クレンジング方法です。ここではそのやり方のほかに、肌にツヤや潤いを与え、シワやシミにも効果があるそのしくみなども説明しています。高価な化粧品は必要ありません、お手頃なオリーブオイル洗顔・クレンジングで美しい肌を作りましょう。

オリーブイル美容方「オリーブオイル洗顔・クレンジング」

世の中には数え切れないぐらいの美容方が存在し、また、数え切れにぐらいのクレンジング・洗顔方法は存在します。ここではその中でも、オリーブオイルを使った美容法である、「オリーブオイル洗顔・クレンジング」についての情報をお届けします。
このオリーブオイルで洗顔する方法をはじめて提唱したのは、美容研究家の岡江美希さんです。この岡江美希さんはご存知の方も多いと思いますが、株式会社トリプルサン代表で、化粧品ブランド「エポラーシェ」をプロデュースしている方です。テレビにもよく出演されていまして、「ショプチャンネル」といったテレビの通販番組から、「踊る!さんま御殿!!」といったバラエティ番組まで、幅広く活動されています。

オリーブオイル洗顔・クレンジングの効果・効能

さて、そんな岡江美希さん提唱のオリーブオイル洗顔ですが、いったいどういう洗顔方法なのかについてですが、その名のしめすとおり、オリーブオイルを顔になじませ、メイクや皮脂の汚れを洗い流すという洗顔方法になります。わざわざこの方法で洗顔するということは、当然、このオリーブオイル洗顔が、他のクレンジングや洗顔に比べて優れている点があると言うことです。ではオリーブオイル洗顔・クレンジングの効果・効能とは何かですが、岡江美希さんさんがおっしゃるには、オリーブオイルでのクレンジング・洗顔は、安全性・機能性・実用性のメリットがあるのだそうです。具体的には次項のようになります。

オリーブオイル洗顔・クレンジングの効果・効能、そしてアドバンテージ

安全性→市販のされている洗顔料にたくさんふくまれている合成界面活性剤に肌をさらすことがなくなる。
機能性→洗顔後も肌がつっぱらず、乾燥やシワを防いでくれる。
実用性→そしてなんといってもとてもコストパフォーマンスが高いこと。

このような利点を説明をされています。つまりオリーブオイル洗顔・クレンジングを実践することにより、「乾燥、シミ、シワ、たるみ、くすみの解消」、そして「潤いのある白い肌」になり、今まで悩まされていたお肌のトラブルから卒業できます。しかもそれが安価にできるわけでうので、試してみる価値は十分ですね。

市販化粧品、洗顔料、クレンジングに比べ無添加で安全、肌の潤いを保つ。

一般に販売されている化粧品、洗顔料には、保存料や合成界面活性剤が多く配合されています。特に泡切れのよさをうたったものや、「汚れがスッキリ」と落ちるなどと宣伝されているものは、石油由来の合成界面活性剤がたくさん使われています。この合成界面活性剤は確かにとてもよく汚れを落とす役割を果たすのですが、あまりにも協力すぎて、化粧や皮脂の汚れ汚れを落とすだけではなく、セラミドのような落としてはいけないものまで一緒に洗い流していまします。これによって、乾燥肌やシワの発生、ニキビなどの吹き出物などのトラブルを呼び込みます。
オリーブオイルで洗顔・クレンジングすると、こういった合成界面活性剤からくるトラブルは解消されたうえに、つっぱることもなく、潤いのある肌になります。

オリーブオイル洗顔・クレンジングのやり方、方法について

それでは具体的なオリーブオイル洗顔方法・クレンジング方法のやり方、その手順を解説していきます。

【1】まずはオリーブオイルをたっぷり手に取ります。洗顔で使うオリーブオイルの量は「大さじ1杯」です。ただしメイクの濃さによっても量は変わりますので、適度な量を調節してください。オリーブオイル洗顔・クレンジング用の化粧品もありますが、食用として市販されているオリーブオイルで大丈夫です。

【2】3本の指、人差し指・中指・薬指の腹を使って、顔にオリーブオイルをなじませて洗っていきます。この時、汚れが多いと思われる場所から洗っていくと良いでしょう。例えば鼻の横や下から、口の周辺へと移り、次におでこ、そしてほっぺたといった感じです。

【3】折りたたんだティッシュを顔に当てて、洗顔につかったオリーブオイルを撮りますが、ゴシゴシとこするのではなく、ティッシュを当てて吸わせるようにしてください。こすると肌によくありません。

【4】蒸しタオルを用意しておき、10秒前後の間、蒸しタオルを顔にのせ、顔に残ったオリーブオイルをふき取ります。力を入れてふき取らず。あくまでもやさしく、そしてこれを2回繰り返して下さい。なお、蒸しタオルの作り方ですが、簡単なのはタオルを水に浸し、それを軽く絞ったら、電子レンジに入れて、40秒~60秒程度チンすればOKです。

【5】無添加の石鹸を使ってもう一度洗顔を行います。ただし、乾燥がちの方の場合は【4】までで結構です。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-