フォースリーン効果

ダイエット用のサプリメントとして人気なのが、DHCなどから発売されているフォースリーンが人気となっています。しかし、フォースリーン効果でダイエットが成功した、便秘が治ったという口コミもあれば、副作用による下痢や生理不順などの症状が出た方もいるようです。ここではそんなフォースリーンの効果について解説すると共に、飲み方や副作用についてなどの情報も提供しています。

フォースリーン効果でダイエット

フォースリーンの原料DHCなどのメーカーが発売されているダイエットサプリメントの中で、人気になっているのが「フォースリーン」です。フォースリーン効果でダイエットが成功したという口コミなどもよくみかけますが、このフォースリーンとはどういった成分で、何故ダイエット効果があるのでしょうか。
フォースリーンは主に南アジアに生息するシソ科の植物である「コレウスフォルスコリ」から由来したサプリメントです。このコレウスフォルスコリの根から特許製法によって抽出されたフォースリーンは、アメリカで最初に人気となって、日本でも発売されるようになりました。
フォースリーンでのダイエットは、基礎代謝量をあげることで、体脂肪だけを効率よく減らすという効果を狙ったものです。これが狙い通りに効果を発揮すれば、大変あり難いダイエットサプリメントなのですが、そのダイエット効果の発現について、もう少し詳しく見ていきます。

フォースリーン効果がダイエットにどのような働きをするのか?

DHCのフォースリーンそれでは具体的に、フォースリーン効果がダイエットに良いとされている理由をご紹介します。
フォースリーンの有効成分であるフォルスコリンには、LBMと言われる除脂肪体重を増加させる効果があります。除脂肪体重とは体重全体から体脂肪を除いた数値のことを言い、つまり筋肉や内臓・骨などといった、生命維持に必要不可欠である部分だけの重さを指しています。
フォースリーンに含まれるているフォルコスリンは、必要の無い脂肪を遊離させ、血液の中に放出させることで、脂肪燃焼の促進効果をもたらします。当然ながら、LBMの量が増えれば基礎代謝量は向上し、そしてなおかつ、脂肪の燃焼は促進されているわけです。
つまりフォースリーンによるダイエット効果とは、ただ単に体重を減らすあけではありません。多くのそのようなダイエット方法では、LBMも減少してしまうことから基礎代謝量が低下し、せっかくダイエットに成功しても、リバウンドしやすい体質となってしまいます。
しかし、フォースリーンがもたらすと言われているダイエット効果の場合は、生命維持に必要なLBMを増強し、基礎代謝量を高めて体脂肪を減少させるという方法になるわけです。
もっと簡単に言えば、「体力をつけて体を活性化し、エネルギーをどんどん燃やしましょう。」、これがフォースリーン効果のもたらす、最も基本となるダイエットの仕組みではないでしょうか。
ちなみに脂肪燃焼といえば唐辛子のカプサイシンを思い浮かべる方も多いでしょうが、フォースリーンの脂肪燃焼効果はそれを上回ると言われています。

口コミにみるフォースリーン効果の副作用、便秘や下痢等。

フォースリーンにはダイエット効果の他に、情緒不安定の解消といった効果もあるとされています。しかしながら、フォースリーンにはあまり嬉しくない効果、副作用が現れるケースをよく耳にします。
フォースリーンを飲むと腸の働きが活発にんるようで、便秘が解消されたという方もたくさんいるようですが、それが効きすぎて、下痢に悩まされるようになったという副作用を口コミで見かけます。フォースリーンの副作用の中でも、この下痢になってしまうと言う方が一番多いのではないでしょうか。他に腸に関することでは、便が細くなった、おならが臭くなったなどの不作用を報告している口コミが見られます。
他にもフォースリーンの副作用として、生理が止まったとか、逆に止まらなくなったとか、動悸がするようになったといった口コミも確認できました。どれも基礎代謝にかかってくるような副作用のようですが、フォースリーン摂取の際は、体調とよく相談する必要がありそうです。

フォースリーンの飲み方

フォースリーンは、食前にとると体内にスムーズに吸収されるため、効果がでやすいようです。
一番売れていると思われるDHCのフォースリーンでは、朝夕の食事前に1粒という感じで、1日2~4粒を飲む事が推奨されています。副作用がでたという口コミも多いですから、フォースリーンの飲み方としては、最初からあまり欲張らずに、まずは朝晩一粒づつといった感じで、少ない量から初めて様子を見る飲み方の方が、副作用に悩まされる可能性も少なくておすすめです。1日4粒だと下痢がひどくてダイエット効果というよりもやつれてしまったと言う方が、2粒に減らしたら副作用の下痢も止まり、かつ、ダイエットも順調に進み始めたという口コミも確認できました。
また、妊娠中、授乳中の人は、服用を控えた方が良いでしょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-