枝豆の育て方

大人のビールのおつまみだけでなく、子供にも人気の枝豆は、意外に簡単に栽培できるんです。種まきの仕方やその場所、水や肥料の与え方に、害虫や病気など、ガーデニング・家庭菜園初心者の方にもわかるように、枝豆の育て方を掲載しています。

枝豆の育て方は簡単、家庭菜園・ガーデニング初心者におすすめ。

お酒のおつまみ、特にビールのつまみといったら、まず1番に思いつくのは「枝豆」ですね。好きなのは大人だけじゃなくて、子供にも大人な枝豆は、最もなじみの深い豆のひとつです。実はこの枝豆、意外に簡単に栽培でき、家庭菜園やガーデニングの初心者の方にも栽培しやすいんですよ。
普通にゆでるだけでも美味しいですが、おもちにする地方もあり、その食べ方も意外にバリエーション豊富。比較的簡単に栽培でき、簡単調理で美味しく食べれる、そんな枝豆の育て方について解説していきます。

枝豆の育て方、まずは種まき。

枝豆を育て方の最初として、まずは種まきについてから説明します。枝豆の種まきは4月から6月下旬頃が適しています。ちなみに種を植えるときは、枝豆の種をあらかじめ一晩水につけておいて下さい。これで発芽しやすくなりますよ。また、植える種ですが、枝豆といっても色々と種類があります。早生種から晩生種などありますので、複数の品種を植えておいたり、あるいは同じ品種でも植える時期を2週間くらいずらして種まきすれば、長い間、枝豆の収穫を楽しむことができるので、枝豆の育て方としてオススメです。
種をまく場所についてですが、枝豆の育て方で1番大事なのは日光です。もし、畑に枝豆を植えるなら、日当たりの良いな場所を選び、畝の高さは20cm程度として、株と株の間は30cmほど空けてください。そして、深さが5cmほどのところに、一箇所につき3粒、多くても5粒程度までの種をまいて、上から土をかぶせてください。

枝豆を育てる土、肥料について。

枝豆の育て方における肥料のやりかたですが、枝豆の場合、芋や豆類の専用配合を使うと良いと思いますが、あまりほどこす必要はありません。また、枝豆は乾燥に強いので、水をあまりやらなくても育ちます。ついうっかりやり忘れても大きな問題にならないのは嬉しいのですが、乾燥させたほうが良いというわけではありません。やはり保水力のある土のほうが、枝豆の甘味が増して美味しいですから、保水力を上げるために、腐葉土を入れるのも良いでしょう。あるいは、株元に藁や刈った草を敷いておくと、土の保水力を高めるとともに、雑草が生えるのを予防する効果もあります。
追肥についてですが、肥料のあげすぎに注意が必要です。やり方としては、2週間ごとにに、大さじで2杯程度で良いでしょう。あまりあげすぎると葉っぱが成長しすぎ、その代わり大事な実の栄養が不足していしまします。 また、種まきから七日程度で発芽し、枝豆の本葉が2枚になったら一株二本立ちにするのですが、もしその際に葉の色が薄いように感じたら、株元から15cm程度離れたあたりに追肥してください。

土寄せ

枝豆が20cmから30cmまでに成長したら、その株の根元に土を寄せ集め、枝豆が倒れないよう対処してください。何しろ、枝豆には普通支柱を立てることはしないので、強風が続いたり、風通しの良い場所では倒れることがあるのです。土寄せするだけではなく、枝豆の周囲にひもを張ったりなど、倒れない工夫をするのも、枝豆の育て方では大事な要素のひとつです。

枝豆につく害虫や病気

育て方が意外に簡単な枝豆、害虫や病気についてもそれほど深刻ではありませんが、やはり注意する必要があります。枝豆につく害虫の代表はカメムシです。カメムシ人間以上に、枝豆の実が大好きなのです。せっかく実った枝豆の汁を吸ってしまいます。駆除としては、スミチオン乳剤薬剤を、収穫の30日前まで4回以内で散布します。また、アブラムシによってモザイク病が発生する場合があります。この病気ににかかると、葉がねじれたようになり、せっかっくぼみが付いても落しることがあります。kの病気の予防の為に、草木灰を4、5日おきにかけます。それから、鳥に食べられることがあります。もし鳥が気になるようなら、種をまいてすぐの時期から発芽までの間は、ネットを張るなどの種を守るような対応をして下さい。

枝豆の育て方、いよいよ収穫!

枝豆の育て方をきっちり実践し、種まきから60日程度まで大事に栽培していくと、枝豆のさやがふくらみはじめ、花が咲きます。そしてひつ月ぐらい過ぎた頃に、お楽しみの収穫時期となります。枝豆のさやを指で押さえてみて下さい。さやの中の豆がはじけるようであればおいしい枝豆が食べられますよ。あまり収穫が遅れてしまうと、せっかくの豆が固くなってしまいますので、注意してください。

CopyRight 2008知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-