とうもろこしの育て方

大人にも子供にも大人気、とうもろこしを家庭菜園・ガーデニングで育てましょう。種まきや土・肥料、害虫に病気の説明といった育て方はもちろん、とうもろこしの種類ごとに違うゆで方の時間や、焼き方、電子レンジで加熱する方法など、育て方意外にも情報を提供しています。

家庭菜園やガーデニングでとうもろこしを育てませんか?

麦や米と並び世界三大穀物のひとつと数えられるトウモロコシは、世界各国、大人から子供まで、嫌いな人がほとんどいない人気の穀物です。また、昔から家庭菜園でよく選ばれる作物でした。焼いても美味しい、ゆでてもおいしいといもろこしを、あなたの家庭菜園・ガーデニングのひとつとして育ててみませんか?

とうもろこしの育て方のポイント

とうもろこしを育てる上でのポイントをいくつかあげていきます。まず、とうもろこしは豆科の穀物ですので、他の豆類と同様に、鳥に種を食べられることがありますので、キャップやトンネルで保護してあげると安心です。また、植え方ですが、ある程度広い場所が望ましく、とうもろこしの株を10株以上植えられる程度の場所で栽培すると良いでしょう。とうもろこしの株数を少なめで栽培すると、とうもろこしが歯抜け状態になって、収穫が困難になります。最低でも10株、できればそれ以上を植えて、歯抜けにならないようにしましょう。また、とうもろこしの育て方として、敷きワラかマルチングをすることによって、j乾燥を防ぐのも大事なポイントです。また、1株につき2、3本穂が出てきますが、実の付きを考えて、一番上の穂意外は取ってしまいます。それから、あまり風があたらないような場所に植えて、株が倒れないようにして下さい。
以上が簡単にあげた、とうもろこしの育て方、栽培方法のコツです。それでは、下記でさらに具体的な育て方、栽培方法を書いていきます。

とうもろこしの育て方、種まきについて。

とうもろこしの育て方として、ますは種まきです。種まきの時期は4月下旬~5月中旬になります。とうもろこしの株間は、30cm~50㎝程度の間をとり、何かの瓶を用いて、その底で鎮圧して穴を開けていきます。1条では受粉できないことがるので、2条以上植えたほうが良いでしょう。1箇所につき3粒から4粒をまいて上から土をかぶせたら、足で踏み固めてください。深さは2、3cm程度として下さい。

とうもろこしの育て方、害虫、鳥、病気など。

トウモロコシも病気や外敵に備える必要があります。とうもろこしの代表的な病気としては「黒すじ萎縮病」「すす紋病」「ごま葉枯れ病」が有名です。とうもろこし黒すじ萎縮病ですが、これはヒメトビウンカという虫によってもたらされるウィルス性の病気です。この害虫をするように対処するか、この病気に耐性のある品種を選ぶ事で防げます。また、「すす紋病」については、気温の低い地方で発生しやすく、逆に「ごま葉枯れ病」は、比較的温暖な地域でよく見受けられます。
害虫については、前記のヒメトビウンカのほか、ハリガネムシ、アワノメイガ、アワヨトウに注意する必要があります。できる限り早めに薬剤などで駆除や予防を処置を行いましょう。
また、とうもろこしは豆類ですので、鳥の対策も場合によっては必要です。苗用の白ポットを逆さにして被せたり、ネットを使ったトンネルなどを用意するなど対応をして下さい。
以上、とうもろこしの育て方において、このように各種の病気や害虫についても、注意をはらってください。

とうもろこしの育て方、間引き。

とうもろこしの間引きは、本葉が3、4枚程度の時期に1本立ちにして土寄せを行って下さい。

とうもろこしの育て方、土寄せ。

とうもろこしが倒れたりしないように、その草丈が70から80㎝前後に成長したら、土寄せを行って下さい。

とうもろこしの育て方、追肥について。

ともろうこしへの追肥については、雄穂の出る前に行います。やり方としては、過石と硫安を同じくらいの量で混ぜ合わせたものを用意し、ひと握りを2mの見当で条間に撒て上から土を被せるようにします。

とうもろこしの育て方、巻きワラ。

最初の項目でもあげましたが、乾燥を防ぐために敷きワラをするのも、とうもろこしの育て方として大変有効です。とうもろこしの実が入る頃に、敷きワラかマルチングを行うと良いでしょう。

とうもろこしの育て方、雌穂どり。

ひと株につき、雌穂が2、3本でると思いますが、これを全部収穫しようとしてそのままにしておいても、結局栄養が各穂に分散される結果となり実付きが悪くなりますので、最上部の雌穂のみ残して、残りは取ってしまいます。

とうもろこしのゆで方・焼き方・電子レンジ調理などの簡単レシピ

とうもろこしの甘みが消えないうちに、収穫したら早めに調理したほうが良いでしょう。ゆで方や焼き方はこちらを参考にどうぞ。

とうもろこしのゆで方(鍋)

【1】水1Lに、大さこ2杯の塩を投入し、とうもろこしも入れてください。
【2】火にかけて沸騰させ、10分くらいしたら取り出して冷まします。(キロロ・めぐみといった品種は8分程度)

とうもろこしを電子レンジで調理

【1】薄皮1枚を残してとうもろこしの皮をむきます。
【2】皮の中のとうもろこしの実の表面に塩をパラパラとふり、その後電子レンジで7分程チン。 (めぐみは5分でOK)

とうもろこしの焼き方、焼きとうもろこしの作り方

【1】薄皮を2枚程度のこし、焦げないように準備します。
【2】バーベキューコンロや七輪など、炭火の網の上において焼きます。
* 皮は黒く焼けてしまいますが、中の実は皮の水分を吸い、遠赤外線効果でふっくらおいしく焼けます。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-