ファセオラミン効果

ダイエット用サプリメントの成分としてその効果の高さから、白いんげん豆由来の成分「ファセオラミン」が選ばれています。ここでは、このファセオラミンの効果とはどういうもので、何故ダイエットに良いのかなどをわかりやすく解説し、また同じ働きをするDHCの「ファビノール」についても説明しています。ファセオラミンとはどういった成分でどんな働きをするものなのか、これを読んでから正しい飲み方でダイエットに取り組んでください。

ファセオラミンの効果で糖の吸収を抑制、ダイエットに最適。

ファセオラミンを使った食品ファセオラミンとは、米国ニュージャージー州のファーマケム・ラボラトリーズ社の登録商標で、白いんげん豆からの抽出物です。このファセオラミンはダイエット効果があるとして、長く人気を保っています。このファセオラミとは、糖分の吸収を抑制する効果があるということで、数々のダイエットサプリメントに配合されています。また、DHCから「ファビノール」というダイエットサプリが発売されていますが、ファビノールも白いんげん豆からの抽出物で、働きはファセオラミンと同じです。α-アミラーゼ活性阻害の効き目が違うとか、色々といわれておりますが、基本的に同じような成分だと思われます。何しろファセオラミンは登録商標ですので、そのあたりに色々と理由があるのではないでしょうか。
詳しい効果は次項以降で述べていきますが、ファセオラミンもファビノールも、炭水化物の吸収を押さえる効果が期待できますから、糖尿病患者や糖尿病予備軍の方が飲んだり、またはダイエット用のサプリメントとして、多くの方が愛飲し、その効果を体験しています。

テレビ番組での間違った飲み方で、ファセオラミン効果が誤解された。

ファセオラミンは白いんげん豆から抽出されるファセオラミンのダイエット効果がテレビで紹介されて、一時期良い意味でも悪い意味でも話題になったことがありました。放送されたのは2006年5月6日にTBSで放送された「ぴーかんバディ!」という健康情報番組です。この番組では白インゲン豆を使ったダイエット方法ということで、ファセオラミンのことを紹介していたのですが、その飲み方に問題がありました。
「ぴーかんバディ!」で紹介されたファセオラミンの飲み方は、「白インゲン豆を3分ほど煎って粉末化し、ご飯にまぶして食べる」というものでした。しかし、番組内で紹介された方法では、白いんげん豆に含まれる「レクチン」という物質の毒性が残ることとなり、嘔吐や下痢を訴える人からのクレームが殺到しました。
そもそも、ファセオラミン効果でダイエットするには、ただ白いんげん豆を熱して砕いただけではダメで、正しい手順で濃縮・抽出する必要があるのです。つまりこの番組では、ダイエット効果も無いし、健康被害を受けるだけの飲み方を紹介した事になります。
このような出来事から、ファセオラミンのダイエット効果に疑問を持つ人が増え、ファセオラミンの人気は下降線・・・かと思いきや、この一件でファセオラミンのダイエット効果について興味を持つ方が増え、DHCのファビノール共々、売れ行きは悪くないのだとか。
やはり太りやすい炭水化物の吸収を抑制してくれるという効果は、ダイエットをしている方にとっては、とても魅力的ですので、長く人気を保っているのは当然かもしれませんね。

炭水化物をカットするファセオラミンのダイエット効果

ダイエット中でも炭水化物を我慢したくないファセオラミンの人気の秘密は、まずは炭水化物の吸収を抑制することにあるでしょう。摂取された炭水化物は、すい臓などから分泌される消化酵素によってブドウ糖に分解、そして腸壁から吸収されることになりますが、全てがエネルギーとして使われず、余剰分は脂肪となってダイエットの邪魔をすることになります。しかしファセオラミンは素晴らしい効果を発揮して、その消化酵素の分泌を抑えることで、炭水化物を消化・吸収できないように働きます。
よく、ファセオラミンを摂ると、便の量が増えたと聞きますが、それは当たり前の前の話で、ファセオラミンのダイエット効果を実証しているものと言えます。何しろ吸収されなかった炭水化物は便になってそのまま排出されるからです。
低炭水化物ダイエットはとても効果があるダイエット方法ですが、ご飯やパスタ、甘いもの好きの方にはなかなか難しいものです。そのような方にピッタリのダイエットサプリメントがファセオラミン、あるいはファビノールがと言えるでしょう。

ファセオラミンの効果で脂肪燃焼促進

緑茶成分で脂肪燃焼ファセオラミン効果は、炭水化物の吸収抑制以外にもあります。緑茶から抽出されるエピガロカテキンという物質があるのですが、ファーマケム・ラボラトリーズ社ではこの成分を抽出してファセオラミンに配合しています。
エピガロカテキンの効果の仕組みを説明するのはなかなか難しいのですが、簡単に言うと、脂肪燃焼に大変大きく関わっているとされる「褐色脂肪細胞」が活性化されることで、脂肪燃焼が促進されます。

ファセオラミンの食欲抑制効果

ファセオラミンのダイエット効果には、炭水化物の吸収を抑制するというものがあるわけですが、これが食欲抑制効果にもかかって来ます。ファセオラミンを飲んでおくことで炭水化物の吸収がゆるやかになります、つまり吸収に時間がかかるようになるわけです。ですから、パンとかうどんとか、普通は食べてもお腹にあまりたまらず、すぐにお腹が空いてしまうような食べ物であっても、ファセオラミン効果で腹持ちが良くなるのです。
そして腹持ちが良くなれば、当然ながら間食が減ったりといったダイエット効果にもつながっていきます。

ファセオラミンの飲み方

ファセオラミンの飲み方といいましても、ファセオラミンというサプリがあるわけでなく、各社がファセオラミンを含んだ様々なダイエットサプリを発売していますので、ファビノール共々、それぞれの製品に書かれている用法・容量を守った飲み方で、健康的にダイエットして下さい。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-