ピーマンの育て方

賞味期限が長く、多彩なレシピが存在するピーマンは、家庭菜園やガーデニングでも人気の野菜です。ピーマンの正しい育て方と栽培方法を学んで、おいしいピーマンを収穫しましょう。土作り、肥料・追肥、水やり、害虫、病気など、失敗しない家庭菜園・ガーデニング情報はここから。

家庭菜園・ガーデニングでピーマンを育てよう

日持ちが良くて、色々とレシピのバリエションが多いピーマンは、家庭菜園・ガーデニングでも人気の野菜です。このピーマンはナス科の一年草であり、とうがらしの仲間なのに辛味の無いものがピーマンです。ピーマンの発祥の地は、南米の熱帯地方と言われて押し、これを世に広めたのはあのコロンブスです。アメリカ大陸を発見したコロンブスにより、スペインへ1493年にもたらされたのが、トウガラシ・ピーマンが欧州列強の歴史に登場した最初であるとされています。
その後、インドにおいては香辛料として使われていきましたが、北米やヨーロッパといった先進国では、大果の甘トウガラシとして発展していくことになります。なお、日本にピーマンが入ってきたのはは明治時代でありかなり最近といえるでしょう。入ってきたのはイスパニア種で、これはアメリカからもたらされたものですが、その後はさまざまに品種改良されていき、戦後に置いては急速に普及していき、日本人の食卓には欠かせない野菜のひとつとなりました。

ピーマンの栽培・育て方、土作りについて。

ピーマンの栽培・育て方の第一歩は、土作りになるかと思います。ピーマンは日当たりの良い場所を好みます。ですので、日照時間が多い環境になるよう、日当たりの良い場所を選んでおくと、たくさん実るようになりますから、ここは妥協しないでこだわってください。
さて、なんとか日当たりの良い場所を確保できましたら、植え付け予定日の2週間前に、苦土石灰(くどせっかい)をまいて良く耕してください。そして植え付けの1週間前になりましたら、肥料を深さ30cm程度のところに置いて下さい。また、できましたらポリマルチすることをオススメします。ポリマルチをすることによって、地温を上げることができピーマンがよく育ちます。結果、収穫率アップにつながりますので、ピーマンの栽培・育て方のポイントになります。

ピーマンのそだて方・栽培、苗・株の選び方について

ピーマンの栽培・育て方においては、良い苗の選部と言うことも重要になってきます。とはいえ、どれが良い苗・株なのかに判断だ難しいかもしれませんので、ここで苗選びのポイントをあげておきますので、購入する際の参考にして下さい。
まず葉に着目して選びます。安定している苗はよく育ちますので、茎が太くしっかりしているもので、根元に小さい葉っぱ(子葉)がついているもの、さらに本葉が8枚から10枚で、葉の色の濃いもの選んでください。 あとは、節間が短いもので、つぼみがついているものであれば完璧です。
もしよさそうな苗が見つからない場合、小さい苗を家の中の暖かい環境である程度育ててから、植え付けを行うという方法もあります。

苗・株の植えつけ方について

生育温度が25~30℃くらいの時期に行うのが望ましいです。植えるときはあまり深く植えず、浅く植えるようにし、その後、たっぷりと水分補給をしてあげましょう。

ピーマンの栽培・育て方、水やりについて

植物を育てるうえで、水やりは当然重要になってきますので、ピーマンの栽培・育て方でも、おいしいピーマンが収穫できるかどうかのポイントになりますのでしっかり行いましょう。水をしっかりと与えることがおいしいピーマンを育ちます。
土作りのところでポリマルチをおすすめしましたが、ポリマルチをしておくと、真夏の暑い時期でも、水分が蒸発することもなくなりますのでおすすめです。ポリマルチと聞くと準備が面倒で敬遠されるかもしれませんが、実を育てるのが上手になりますのでチャレンジしてみてください。

ピーマンの育て方・栽培、追肥について

無事に植え付けが終わったら、半月から20日後くらいに追肥を行います。最初の追肥からは後は、月に2回程度の追肥を行うと良いでしょう。ピーマンは収穫できるようになるまで結構時間が時間がかかる野菜なので、肥料切れにならないように、そして、一回にたくさんの肥料を使って追肥するのではなく、少しずつを回数多くあげるようにして下さい。

ピーマンにつく害虫や病気

ピーマンに起こりやすい病気としては、うどんこ病、モザイク病、疫病、白絹病などがあげられます。また、つきやすい」害虫はヨトウムシ、アブラムシ、、ハスモンヨトウなどがあります。しっかり予防対策していきましょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017知って得する情報屋All right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-